2011年11月03日

悪の読書術

「悪の読書術」

 見事なファッションの本だった。
人前で読む、知性を見られる社交としての読書とはどのようなものか、本がどれほどその人の意識を周囲にみせるものであるかを作家を具体的に挙げて毒を含め語る。
本をどのように着飾るかという、日頃ファッションに気を使う人も案外忘れがちなテーマが興味深かった。
 序章で断ってあるとおり、この筆者のシリーズで言う「悪」とは、「自らの無垢さ善良さを前提とする甘えを抜け出し、より意識的戦略的に振舞うためのモラル」を指す。社交テクニックとしての読書ファッションを語るということに留意して、毒気に煽られ感情的にならず、読むといいだろう。
「うるさく言わず本くらい自分の好きに読ませてくれ」、仰るとおりこの本はそこまで強要するものではない。
だが服装に関してはTPOを弁えろと時にうるさく社会の常識に窘められるものの、ある意味服などよりもいっそう個性をむき出しにする「読書の嗜好」についてはTPOが意識されないのも不思議な話。自身の嗜好が、視覚的にはっきりと場にそぐわないものだと客観的に認識されやすい服のほうがより他者の目を気にするようになりやすい、という差なのだろうか。とすると読書する本に無頓着な人というのは着こなし同様に、他人の視線、場の雰囲気・空気が読めない「ダサい」人であると知的階級なる人々に見られるのだろう。この制約が服装よりも息苦しく感じられるのは、単に目新しい束縛への慣れの問題か、はたまたより直接的に嗜好の領域を縛るという個性への切り込みの深さからだろうか。わたしは服装のファッションに昔から疎く、よくからかわれたのでこの話にはドキッとさせられた。
 関連して服装のファッション論、着飾ることの身体論的意味、社会的な大衆の視線にまつわる心理の考察などを深めてみたくなった。



posted by 有人司書 at 20:17| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

最終兵器彼女

「最終兵器彼女」

言わずと知れたあまりの有名どころなのに、名前だけは知ってる状態だったので気軽に1巻だけ古本屋で買ったのがいけなかった。
……どうして全巻買わなかったorz
 1巻からしてこのヘビーブローにもうどうしてくれんのと叫び悶えそうになる。
恋の目覚めの甘酸っぱさと二人の立ち居地の切なさに、ちせの人としてのアイデンティティさえ壊れてゆく、だけど恋う心から生きていたいと願う苦悶が、あああ読んでるこっちまで苦しくなってくる。
悶々とこころを揺すってくれる名作。残りの巻も早めに買ってきたい。


ラベル:マンガ 恋愛 名作
posted by 有人司書 at 18:37| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

2011年10月の読書記録

2011年10月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1695ページ
ナイス数:0ナイス

■レバレッジ・リーディング
読書することで100倍のリターンを得る読書の活かし方の本。読書とは他者の数十年分の試行錯誤の軌跡がほんの数時間、せいぜい1,500円程で疑似体験できるこの上ないお得な自己投資であるとする。いくつかの読書に対する常識を改め、読後得た知識を活用させる工夫を加えることで、懸けた金額の何百倍もの利益を得ることができるという。具体的な読み方のコツが解りやすく語られているのですぐに読めた。
読了日:10月31日 著者:本田 直之
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/14337454

■情報理論 (ちくま学芸文庫)
読了日:10月30日 著者:甘利 俊一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4480093583

■知っておきたい「酒」の世界史 (角川ソフィア文庫)
ウォッカ、ジン、テキーラ、ウィスキー、ラム、ブランデー、リキュール、ワイン、ビール、焼酎、アクアビット、アブサン、カクテル等多くの酒が歩んできた変遷がそのまま人類史を眺めるようでとても面白かった。
読了日:10月28日 著者:宮崎 正勝
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/14258570

■トマトが野菜になった日―毒草から世界一の野菜へ
トマトというすっかり料理におなじみとなった野菜の、あまり知られていない歴史を著者がときにメキシコ、ときにアンデスとトマトにゆかりのある各地へ体当たり取材して調べまとめた愛すべきトマト本。
読了日:10月28日 著者:橘 みのり
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/14258486

■北欧神話 (岩波少年文庫)
読了日:10月23日 著者:パードリック コラム
http://book.akahoshitakuya.com/b/4001145502

■忘却の整理学
読了日:10月23日 著者:外山滋比古
http://book.akahoshitakuya.com/b/448084290X

■15分あれば喫茶店に入りなさい。
読了日:10月22日 著者:齋藤 孝
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344018664

■「なりたい自分」になる心理学 (知的生きかた文庫)
読了日:10月22日 著者:国分 康孝
http://book.akahoshitakuya.com/b/4837909604


▼2011年10月の読書メーターまとめ詳細
http://book.akahoshitakuya.com/u/111333/matome

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/




 ぼちぼちのペースで相変わらずの雑食読みですが、今月は大学が本格的に始動しだして生活リズムがなかなかバランス調整できず、読書感想を丁寧に書く余裕までは持てませんでした。残念。
いかにスムーズなアウトプットができるかというのも本読みの重要な課題の一つなのでしょう。その点、レバレッジ・リーディングやセイゴオさんの多読術に書かれていたように「本にがしがしメモを書き込む」というスタイルはなかなか合理的なアウトプット方法だと改めて感じます。
が、もっぱらわたしが読んでるのは借り物の図書なのでそういう訳にもいかず……悩ましいものです。

posted by 有人司書 at 23:05| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身の回りの法律トラブル対処法

「身の回りの法律トラブル対処法」

 身近な日常生活で起こりがちな多くの法律トラブルを、主張の対立を明確にした上でワンポイントアドバイスを交え分かりやすく丁寧に解説する本。
お金、男女関係、車の事故、仕事のあれこれ、買い物、ネットなど様々な問題の具体例が示されている。


posted by 有人司書 at 15:52| Comment(0) | 読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。